Img_d990c564ebeb8176d065201f84fd7b04
さつえいしたひと / 加藤元さん
『長崎パチリ写真展』 いよいよ最終週にはいりました。

こちらは 今はなき中央橋歩道橋。日々当たり前に見ているものも 時間の経過とともに変化してゆきます。<写真で記録する>は まさに 幕末明治の頃の写真の一番の役割でありました。記録のために撮られた写真も また次第に別の意味を持つことになり わたしたちの心に残ります。

写真の見え方もいろいろ。感じ方も人それぞれ。会場にノートを置いておりますので ぜひご感想をお聞かせください。

しばらく雨が続くようですが 歴文の庭 雨に濡れていい感じです。ぜひお散歩がてら ご観覧ください。


『長崎パチリ写真展vol.3~わたしたちの原風景~』
6月24日まで
長崎歴史文化博物館 3階企画展会場
観覧無料
*歴文企画展『写真発祥地の原風景 長崎』は入場料が必要となります。
Img_e264e03a467f6dce652d47201336361b
さつえいしたひと / 大村典之さん
長崎のみんなが見た 長崎。
それは そのまま『わたしたちの原風景』でした。

長いと思っていた写真展の期間も あっという間にあと一週間になりました。写真展の募集告知に「歴文企画展<写真発祥地の原風景 長崎>と対になるように」なんて書いてしまい 大袈裟すぎたかな??とちょっと どきどきしていました ほんとは。でも実際に始まってみたら <長崎と写真>を軸に <あの時代と今>が見事に繋がっていました。本の中で見ていた過去の出来事の先に わたしたちの普通の日々があるのだと 写真で体感。歴文企画展はすごいボリュームなので 何度か足を運ばれる方も多いのです。ぜひ歴文企画展と併せてご覧ください。

『長崎パチリ写真展vol.3~わたしたちの原風景~』
6月24日(日)まで
長崎歴史文化博物館3階 企画展入口
観覧無料
*歴文企画展『写真発祥地の原風景 長崎』は有料となります。


Img_2cf9774511257e736ba2770a648cdcd2
夏です。7月です。リベンジです。行きます 千綿駅。

夏なので 竜頭泉へピクニック撮影会。お弁当を持ってまいります。町中と比べるとずいぶんと涼しいようです。期待しちゃいます。今回も東彼杵町役場の職員さんにお手伝いいただき 日本一に輝いたそのぎ茶を冷茶にて振舞って頂きます。美味しいですよ~。たのしみです。

*SNS参加申請では 申込みにはなりません。下記リンク詳細を確認の上 電話か店頭にてお申込みお願い致します。


『竜頭泉・夏色ピクニック撮影会』
2018年7月21日(土)
詳細はこちら  (Click!)   
Img_e21e7b3a4cfd57875bb1ef5c26a6dda0
・昼間の室内。自然光がいい感じです。
Img_118d0c6af184e70433b3f4e0b98b29e8
・雨上がりの朝。眼鏡橋でお友だちを見つけ「撮らせて~。」とおねがい。いい顔。
Img_f1ddf90638d1e760c94513f7970b7de9
・暗めの路地にて。目で見た雰囲気のままです。
Img_4c6fa403d4d38f657bc6159e549f766b
・歴文の企画展示室にて。
Img_a12cc864b5b0a7f6c886278af762b0b6
・日中もオッケイ。
Img_bed9489e8494f435d2042e1811dffe85
・そのままのムードが写真に。
Img_e5be506e7f06cd6e5db9fb5e3283a63d
・やや暗めのウインドウ。
Img_59564ac9613a65617fd71ffb79ec0997
・かなり暗い夜の道にて。
Img_79587cf6f65aa0ddf9983c1b98da5973
・逆光×広角。
フジフィルムのヴィーナス800を使って ナチュラクラシカで撮ってみました。

ナチュラ1600がなくなって ナチュラクラシカやクラッセを使えないと思っている方が多いようです。ナチュラ1600がなくても撮れます ちゃんと。ISO感度800以上のフィルムを装填すると NP(ナチュラルフォト)モードに切り替わるので 不用意にフラッシュが光ることなく 自然な光源のまま撮影できます。

もう一点。「ふんわりした雰囲気の写真がいい」 とか 「メリハリの利いた鮮やかな写真がいい」など 希望の仕上がりイメージがあれば お伝えください。フォーカスカウンターの端っこに<あじわい写真帖>というのがあります。その中の写真をご覧頂き イメージを指定していただければ わかりやすいかと思います。ナチュラユーザーは ふんわり写真希望の方が圧倒的に多い。実は どのフィルムを使っても イメージに沿った写真にすることができます。これ 意外と知られてないんですけどね。とはいえ お客様とプリントする人との意思疎通が大切なので 何度か現像をお持ちいただくうちに その方の好みが把握できます。ですから続けて通って頂くのが おすすめです。もちろんフィルムには 特性があります。フィルムの特性活かしながらプリント(スキャン)作業するか否かでは 仕上がりが全く違います。お店によって 写真の仕上がりが違うのは そのためです。わからないことなどあれば 遠慮なくお尋ねください。
Img_b394c9b759c2ff181e4d3e947e8dc5b5
これまでもご要望の多かった写真パネル仕上げをはじめました。

<サイズ> ・小さなスクエアサイズ(172×172mm)~A2サイズ。

<パネルの種類>軽めなものから プロフェッショナル仕様まで4種類。
       ・カジュアル 樹脂パネル
       ・ギャラリー 木製パネルVマット貼り
       ・ミュージアム アルミの複合版
       ・キャンバス キャンバス地
 
<印画紙種類> 4種類から選べます。(キャンバスパネルは除く)
       ・グロッシー 一般的な光沢紙
       ・クリスタル ポリエステルベースの光沢感が強い面種
       ・パール   パール調の面種 美しいハイライト描写に強く 
              人物・メタリック調の写真にもお勧め
       ・ラスター  光沢感の少ない面種 落ち着いた雰囲気
       
       ・キャンバス キャンバス調のエンボス加工が施された面種
             (こちらはインクジェット出力)
Img_30622b0a360e5822d55025ec131d9dab
・スタンド付 壁掛けOK
Img_09ba820bede1801f3c8ede2e93dd2e7d
写真は カジュアル・ラスター仕上げ。
軽くて扱いやすいです。

ウエルカムボードや記念品 贈り物にも。
化粧箱入り。
納期は10日ほどかかります。 

特別な一枚をつくりませんか。
お手伝いいたします。
お早めにご相談くださいませ。