Img_50f0ca01b99aab1cee7db0ea58e9de76
『50,000人』とあわせて募集中なのが『食のある風景』の写真。
諏訪神社のお膝元にある 諏訪の杜・竹山酒店にて行う写真展です。梅雨の時期に『食のある風景』を眺めながら ゆるりと過ごしていただきたいという店主の願いのもとの実現です。竹山酒店は お酒と繋がる豊かな暮らしを見つめるお店。お酒だけでなく 選りすぐりの食材も取り扱っています。店主の愛がいっぱい詰まっている店内。とても居心地がよいのです。写真展では 諏訪の杜のイメージを大切にしながら 皆さんの『食のある風景』を紹介させていただきます。

6月6日(火)~25日(日)写真展中に 出展者の集いも予定しております。
愛のある『食のある風景』をお待ちしております!

『食のある風景』写真展  (Click!) 
Img_0d14d39457ecff3200e43380c3d13229
毎日は いつもあたりまえのことの連続です。
でも今日は今日だけなんです。
2016年の作品より。


『50,000人の写真展』締切を すこし-だけ延長しました!
フジさん ありがとうございますー。
5月24日(水)まで受付させていただきます。

これで週末日曜日の持込もオッケィです。
台紙も追加して対応させていただきます。
が 台紙が不足する可能性がありますので ぜひ電話で台紙予約をお願いします。

あなたのココロの1枚をお待ちしております。
『photo is 50,000人の写真展』  (Click!) 
Img_fe9db251378c99de35957f3a1a1b826e
coffee&clayworks 笠 企画展『池田浄美の服 竹下梨紗の陶アクセサリー』がはじまります。

池田浄美さんは 佐賀県有田で服と洋裁雑貨の店<Nu>を営みます。笠の竹下梨紗さんの陶のアクセサリーと池田さんの洋服たちが奏でるハーモニーがたのしみな企画展。

友人の志保さんをモデルに迎え 広報用の写真撮影をさせていただきました。池田さんのカシュクールワンピースが見せるさまざまな表情。一着のワンピースは コートにも シャツにも変化します。重ねる服によっても 見え方が変わる。色やデザインのバリエーションも揃います。季節を問わず纏うことのできる<わたしの一着>と出逢えそう。

竹下さんの陶アクセサリーは 池田さんの服をイメージたカタチを胸元や耳元に添えてくれます。この企画展のために作りおろした新作たち。軽やかな作品を触って 身につけて感じて頂きたい。

爽やかなこの季節にうれしい企画展。
正覚寺からえっさと登ってまいりましょう。
Img_e6bddf82f1b376bb3db826adc8f04633
coffee&clayworks 笠 企画展
『池田浄美の服 竹下梨紗の陶アクセサリー』
2017年5月19日(金)20日(土)21日(日)
10:00~19:00

Nu  (Click!) 
coffee&clayxorks 笠  (Click!) 
Img_91f9232a81f2e82df1f1fcdc831ca839
Img_bb8cadaefb74ee094248acbddeb492c2
Img_b4a3d1a7f85ed1151c15b28034daec87
朝は パン派? ごはん派?
わたしは どちらもー。

『食のある風景』の写真を募集しています。
「雨の多い6月に ゆっくりとお店で過ごしてほしい」と 諏訪の杜・竹山酒店の店主の想いで写真展を企画しました。食べることは 生きること。あのひとの笑顔や このひとのキッチンでの姿。思い出の食卓 あなたの日常の食のひとこまをぜひ。(もちろん 非日常のひとこまも大歓迎!)

締切は5月31日。一作品につき500円の参加費もうれしいでしょ。


諏訪の杜・竹山酒店   (Click!) 
『食のある風景』写真展  (Click!) 
Img_d7bdb8556e971101983ce317ac97c5fd
お父さんと子どもたち がっつり遊びます!
2016年の作品より。

『photo is 50,000人の写真展』展示会場では 観覧者が出展者にメッセージや感想を送ることができます。見知らぬ方からのメッセージが届いたときのうれしさったらー☆ フジフィルムのスタッフは ものすごく大変だろうとちょっと心配になりますが 1枚の写真が 観るひとと撮るひとをつないでくれるこのシステム 素晴らしいです。

『photo is 50,000人の写真展』いよいよ締切です。5/20(土)まで。
出展したいけど なかなかお店に行く時間がない~という方 まずは電話でご相談を。なんとかします~。応募台紙も枚数限定ですので 電話でご予約をお勧めいたします。
お急ぎくださいませ。

『photo is 50,000人の写真展』 (Click!)