Img_e9194660517316aba2a887406dcc0eea
カモイ・クリスマスのマスキングテープ 入荷です。数量限定ですので お早めにどうぞ。

デコレーションケーキあり 黒猫あり きらきら きゅんきゅんです。

カモイクリスマス限定マスキングテープ特設ページ  (Click!) 
Img_8dedab413545a1e847de4e7c104300d7
月イチ連載コラム長崎パチリ  (Click!)  今月は秋の出島から。

出島界隈は いつも行き来するものの 出島に入るかというと なかなかその機会はないのです。出島表門橋も 上には乗ってみたりしたけれど(笑) 橋を渡りきって出島に入った事はありませんでした。先日 ナガサキリンネの懇親会で 初めて表門橋を渡り 出島に入りました。夜ということもあり 水面に映るライトアップが美しい。門番にぺこりと頭を下げて 出島表門を潜るのが なんとも言えぬ高揚感。出島の中は 点々と灯りが点り 静寂に包まれています。周りにビルが立ち並び 賑やかな電車通りに囲まれていることが嘘のような別世界。もしかしたら江戸時代も 似たような感じだったのかもしれないな。出島の外は 長崎港に水揚げされた魚を運ぶ人たち 商人たちが 行き来していたのかも。出島に居ると やはりタイムトリップ気分ですね。夜の出島もおすすめします。

長崎パチリ 今月もぜひ ご覧ください。

長崎パチリ  (Click!) 
チルチンびと広場  (Click!) 


Img_4dc2cf4d88fbdf806bb7093e5ca8f363
photo by megumi matsuda
『みんなのおくんち写真展』『ナガサキリンネ』終了しました。

まずは『みんなのおくんち写真展』。
ご出展の皆さま ご観覧の皆さま ありがとうございました。多くの方々から 喜びの声をいただいております。くんちの踊町の方たちは演じる側なので ご自分たちで写真を撮ることができません。周りの方たちに 最近は 撮影データをもらうことはあっても 紙にプリントされた写真をもらうことは余りないといいます。展示された大きな写真を観て 写真プリントで観る写真の迫力には適わないですね とおっしゃられているのが印象的でした。写真の力をあらためて感じます。展示写真の焼増しもフォーカスで承っております。カウンターにアルバムを用意しておりますので お気軽にお声かけください。
初の2会場での開催となり ご不便をおかけした部分も数多くありました。ご意見・ご希望などありましたら お教えいただければ幸いです。反省点とともに 今後活かさせていただこうと思っております。
Img_eb27643a68d782165da8be0040cb6fdc
ワークショップ暗室体験『モノクロ×ナガサキ』
Img_193a9a269a511a382bd10f4e593d8764
写真展『てのててん』 
第6回になる『ナガサキリンネ』。フォーカスとして はじめて参加させて頂きました。ナガサキリンネで 写真を取り上げたいというお話は以前にも頂いていたのですが 今がその時なのではないか?とリンネスタッフの竹下梨沙さんと話しました。きっかけは この春発表されたモノクロフィルム国内生産終了の報せ。モノクロの手焼き体験とナガサキリンネが 重なりました。最初はどこからどう手をつけてよいかすら わからなかったのに 今思うと夏前くらいから あれよあれよと実施に向けての舵が切られました。モノクロ手焼きワークショップに加え 写真でリンネならではの写真展を企画しようと もうひとりの担当スタッフの中原真希さんから提案がありました。すべての仕事の起源ともいえる『手』をテーマにした写真展です。当初は公募の予定でしたが このテーマは じっくり向き合いながら撮影する必要があり 今回は県内の写真作家さんたちへ声かけさせてもらうことに。

ぎりぎりまで 準備を重ね そして迎えたナガサキリンネ当日。この日の天気のように ワークショップも写真展も そしてナガサキリンネも 素晴らしいものとなったと思います。不行き届きな点も多々ありましたが 大きな事故もなく終わる事ができました。

講師の松平康典さん 田中稔さん 一ノ瀬整次さん ワークショップボランティアスタッフの皆さん 写真を出展してくださった浦上太郎さん 松田めぐみさん 引き伸ばし機を快く貸してくださったOK写真場さん びっちりのスケジュールの中 万全の対応をしてくれたリンネスタッフの中原真希さん すべてのはじまりのメールをくれた竹下梨沙さん ワークショップに参加いただいた皆さん 写真展を観覧いただいた皆さん そしてナガサキリンネのスタッフの皆さん 感謝いっぱいです。

おくんち写真展とナガサキリンネの開催時期が重なるという 前代未聞の事態が起こり 多くの方にご迷惑もおかけしました。こちらでお詫び申し上げます。キャパオーバーは否めません。しかしぱつぱつのスケジュールでご迷惑をおかけしてでも どちらのイベントも実施した意味はとても深かったと確信しております。

あらためて これからもどうぞよろしくお願い致します。
Img_614b99c2d1765266e85af42c641b4b5b
・正面から見て右隣が岩永金物店さん
Img_ce0d1a52e8a73c2ff7afaeb1044e1636
・なつくら店内
Img_facff3dbadb5f51da3f8b4b7feafcf65
・池田屋となつくらは 歩いて5分
『みんなのおくんち写真展』
長崎市立図書館<カフェ池田屋>に加え 今年から会場となった<からすみ茶屋なつくら> ちょっと場所がわかりにくいというご指摘を受けまして いまさらながら 地図と目印をおしらせ致します。お隣が岩永金物店さんで 看板はありません。正面左側の小さな入り口からお入りください。会期中は 自由に観覧できますよ。お気軽にどうぞ。

からすみ茶屋なつくら 観覧時間12:00~18:00 万屋町2-3
Img_d116e1cac9ee4c87cf5de134596d97b1
・池田屋は 長崎市立図書館の1階にあるカフェです
みんなのおくんち写真展といえば 池田屋。今年は ぐんと見やすくなって 皆さんに喜んで頂いています。お茶やランチを召し上がりながら お楽しみいただけます。

池田屋となつくら 一緒にぜひごらんください。

カフェ池田屋 観覧時間 11:00~20:00 興善町1-1 

『みんなのおくんち写真展2018』は 観覧無料。11月4日(日)までですよ~。 
Img_296d17f315897bbc79e71e62ff50c39a
list:で宝島染工「染を纏う2018」が 始まっています。はじめての秋開催です。今まで夏のlist:で眺めていた涼しげな景色が 秋冬のぬくもりの色合いになり 新鮮。定番のものから 最新作まで 触れるたびに 拡がりをみせる宝島染工の世界です。

今週末は 宝島染工主宰の大籠千春さんが在廊。11月4日(日)まで。長崎県美術館のナガサキリンネと一緒に楽しまれてください。

list:  (Click!) 
宝島染工 (Click!)