Img_68f12a4bb7bc2ef0ecb71491747c3600
フジフィルムのフィルム製品の製造販売終了のお知らせです。
・natura1600 全商品
・写ルンです フラッシュつき 39枚撮り
・X-TRA400 全商品
上記商品は フォーカス店頭で通常お買い求めいただけていた商品です。
3月いっぱいで出荷が終了する予定。しばらくは在庫はありますが まとめてご購入希望の方は お早めのご注文をお願いいたします。

10年ちょっと前にフジのフィルムカメラ『natura clasica』と一緒に開発された『natura1600』。ノンフラッシュ・自然光で撮るコンセプトで発売されました。高感度フィルムだと粒子が粗くなるのですが 『natura1600』は これまでの感度1600と比べると粒子がとてもなめらか。暗い場所だけでなく日中の撮影もばっちり。デジタルカメラだと フラッシュなしで自然光の撮影はフツウのことですが フィルムカメラでは ものすごーく画期的なことでした。デジタルカメラやスマートフォンに押され『natura classica』は数年前に販売終了。それでも『natura1600』は フィルムユーザーの皆さんには指示され続けたフィルムでした。デジタルの写真にはない やさしい風合いの写真が撮れることも人気の理由です。感度1600がなくなり 感度800のフィルムが代替品としてありはするのですが 『natura1600』ほど愛情を持って開発され ユーザーに愛情を注がれたフィルムは他にはないと思うので ただただ残念な限りです。
 
『X-TRA400』というフィルムには 聞き覚えがないかもしれませんが フォーカス店頭でばら売りしている感度400のフィルムのことです。感度400のフィルムには 通常版『SUPERIA PREMIUM 400 』と廉価版『X-TRA』の2種類があり 当店では『X-TRA』のみを取り扱ってきました。特に一番使いやすい感度400のフィルムをできるだけお安く使って頂きたくてのラインナップ。『X-TRA』の箱入りをばら売りすることで さらにお買い求めしやすく フィルム写真をたのしんでいただいておりました。『natura1600』と同じく しばらくは これまでの『X-TRA400』の在庫はしばらくありますが 在庫が無くなり次第『SUPERIA PREMIUM 400』に切り替わる予定です。もちろん当店では 箱入りのばら売り販売でなるべくお安くさせていただきますが 実質的には値上がりとなります。

写ルンですの36枚撮りもなくなってしまいます。フィルムの生産を続けるために 種類を絞り効率化を図ることが狙いの今回の販売終了措置。仕方ないのですが とても悲しいです。フジフィルムの写真部門の皆さんもすごーくがんばっておられるのを知っているから なおさらです。フォーカスのお客様には フィルムカメラユーザーの方がたくさんおられます。お店が続く限り 皆さんとともに フィルム写真をたのしんで お手伝いできればと心から願っております。

Img_41fdced505d2714107fc50ccab321ff5
母の引き出しの整理をしていたら この写真が無造作に置いてありました。生まれたばかりの妹と2歳くらいのわたし。かれこれ50年くらい前のモノクロの手焼きの写真。

写真にまったく興味のなかった父でしたが わたしたちが生まれて OLYMPUS PENを買ってきて撮り始めたようです。正直 物心ついてからの記憶の中に父が写真を撮っている姿がありません。そのくらい写真に疎かった父ですら カメラを買おう!と思ってしまうくらい 子供の誕生は大きなことだったのだなぁ。当時のカメラは とても高価なものだったから 安月給には かなりこたえたはず。それでも「家族にとっての必需品」と思ったのでしょう。昭和40年代 家庭には OLYMPUS PENがかなりの率でありました。ハーフカメラのPENは 20枚撮りのフィルムで 倍の40枚撮れるという画期的なカメラとして大人気だったのです。今とちがって ピントや露出を合わせなくてはいけないのだけど だからこそ 一枚一枚しっかりした構図の写真が多い昔の写真。写真を撮るときの気構えが今とはだいぶ違う気がします。 

「こっち向いて~」と 若い父が中腰でカメラを構えていること その写真を年老いた母が引き出しの中に入れて 日々大切に見ていること そんなことを思い じーんとする12月。

ずっしりと重いフィルムカメラは 手軽なスマートフォンやデジカメに変わってしまったけど 今も家族写真を撮る気持ちはおなじ。こうやって 何十年かして 懐かしい時間を振り返るために 写真はデータではなくプリントで残していただけたらと思います。機械を通して見るものは ハードが変わると使えなくなることが多い上に データというのはわたしたちが思っている以上に繊細で壊れやすいのです。なくなってしまってからでは遅いので 思い立ったら たまったデータを持って写真屋さんに相談にいらしてください。アルバムなどの整理の仕方も案内させていただきます。
Img_a310e2a88b7c2a57b4894113e59bafce
ごん色カメラのOLYMPUS PENシリーズ。この子たちも どこかの家庭で大切に使われていたのだと思うと またまたじーんとします。ごん色カメラの山盛公男さんの手により 数十年を経て命を吹き返しています。素晴らしい!あたらしい持ち主の日々を紡いでくれるであろうこのカメラたち。フォーカスの店頭で待機しています。
Img_8ea8a8e4c00f10d83581f4dd810dbacd
初めてなのに懐かしい景色に高揚する気持ちや、島で暮らす人々への親しみと敬意をこめて。
新庄彩子


今春の関西に続き いよいよ小値賀にて新庄彩子さんの写真展が開催されます。フィルムカメラで小値賀の暮らし・風景を撮っています。観た方がいいと思います!この機会に小値賀行きもいいかも。
フォーカスにDMあります。

ふるさとだったらよかったのに
新庄彩子写真展
2017年10月3日(火)~4日(水)
商家尼忠東店
8:30~18:00

 (Click!) 
Img_bcbb1ec44a8daa5f735b047d34ba4c0a
・手にとって観る写真。いいのです。
ふたたびデモッソの夜へ。中園町の『けやき』のマスター庄司宣夫さんのインドの写真を見る会。奥さんとふたりで出かける。

出島List:今行われている『Warp and Weft 2017 TRAVELING COTTON』関連企画として デモッソ・ノット・キーノにて 庄司さんのインドの写真の展示と布・雑貨の販売が行われています。約30年くらい前から 庄司さん夫妻はインドへ何度も趣き その時の光景をフィルム写真に収めています。この夜は 庄司さんご夫妻のお話を伺いながら 写真や現地から持ち帰った貴重な布・雑貨に触れることができました。美味しいけやきのインドカレーを舌鼓を打ち 会の終盤には 絶妙のタイミングでデモッソのアイスチャイが登場します。

この写真が撮られた頃『けやき』は万屋町にあり フォーカスが現像プリントを承っておりました。まだ写真屋で働き始めたばかりのわたしは 庄司さんの写真から 見たこともないもないインドという国に想いを馳せます。リバーサルフィルムのプリントは30年経っても とても美しく 大切に保管しておられたことを伺わせます。写真だけではなく 展示販売されている雑貨も同様。日本に居ながらにして インドの地方の町の姿を感じることができた夏の夜でした。

デモッソ・ノット・キーノでの写真と雑貨の展示は7/31まで。


告知が遅くなってしまいましたが List:をはじめ どのお店もすてきな7月の終わり。ぜひ!!

『Warp and Weft 2017 TRAVELING COTTON』@List: ~7/31(月)

<関連企画>
路面電車1番系統でめぐるインディアンフードの旅
 ●カリー&工芸 けやき(住吉電停)インディアンカリー ~7/31
 ●デモッソ・ノット・キーノ(大波止電停)タンドリーチキン ~7/31
 ●笠 coffee&clayworks(正覚寺電停)ハルヴァ モンスーンマラバール ~7/30

List:  (Click!) 
Img_3223e00ae58122d98f039ffb0d41b10e
長崎パチリ写真展vol.2 開催中です。

準備 設営と関わらせていただき 作品を観尽しているはずなのに 何度も足を運んでしまいます。ぐるりを見回し 一作品一作品をじっくりと。毎回 胸が熱くなります。
Img_cdfe6bc2c9bf39ed9dfc467f33127d10
同時開催<takuho × FOCUS workshop>
3月にタクホウで実施したジュエリー撮影ワークショップの写真を展示しています。はじめてのジュエリー撮影に苦労しましたが タクホウのムードを活かしながら 素敵な作品ができました。
Img_b160d5c0ef83e61832f3b2e6500b0b18
7/22の長崎新聞にご紹介いただきました。タクホウの場所がわからない方 フォーカスでお尋ねいただければご案内いたします。展示会場はタクホウの中に入って2階となります。

長崎と写真を愛する皆さんの素晴らしい写真展。多くの方に観ていただきたいです。シェア拡散大歓迎です~。

『長崎パチリ写真展vol.2』 (Click!) 
2017年7月15日(土)~31日(月)
11:00~19:30
takuho BRIDALRING 長崎市浜町11番15号 (Click!)
水曜日定休
入場無料