Img_9e33f4ab1d4d2eda60a632e831a8d33e
夜の水族館

年に一度 長崎ペンギン水族館が 夜間営業します。これは 行かなきゃです。

キングペンギンの寝姿を拝みにね。

2018年8月25日(土曜)9時までオープンですよー。

長崎ペンギン水族館  (Click!) 
Img_956bd60b63b94b611c3a30a6c9f18ea3
『長崎ゆかりの美術 デザイン:中山文孝』
『WOMEN&WOMEN スペイン現代写真展』
『東松照明 長崎のキリシタン文化』
夏の夕暮れ 汗かきかき出島の県美を目指しました。
一箇所でこの3展示が一度に観覧できるなんて 素晴らしい。
まだの方はぜひ。

3展示すべて長崎県美術館常設展示室にて観覧できます。

長崎県美術館  (Click!) 
Img_d01067b49173b1154716887de3a4658e
長崎電気軌道の13の電停の名前が 8月1日に変更になる。ずっと慣れ親しんでいた電停の名前が変わるって どんな感じだろう。亡くなった祖母が<馬町><千馬町>など 旧電停名を使っていて なんとなく現行の電停名に脳内変換し理解していた。これから10年とか経って 若い人たちに旧電停名で話をして いまいち通じず 「あぁ 昔の電停の名前ですねー。」なんて言われるのかな。

電停の名前って 町の名前くらいの重要なものだ。<正覚寺下>でイメージするのは 電停横の狭い川。正覚寺というお寺のことがよくわからなかったけど<下>って言うくらいだから 電停の斜め上に見える あのお寺かな?くらいに思っていた子どもの頃。(大人になって 実際にそうだったこと わかりました。)長崎に住む人にとっては 古くから親しまれた呼び名が通じやすいけれど 他所から来た人 観光の人には もっとランドマーク的な名前のほうがわかりやすいのも 大いに頷ける。<松山町>より<平和公園> <築町>より<新地中華街> そして<正覚寺下>より<崇福寺>なのだろう。

しばらくは「<新地中華街>で乗り換えてください」と言われても 「それどこ?」みたいな会話があちこちで聞こえてくるのかも。ゆるく混乱する長崎市民が目に見えてきます。

気が付けば 次のお休みの日には 電停の名前 変わっている!と 突然ひとり撮影会をしはじめる。フォーカスから一番近い<賑橋>電停も<眼鏡橋>に変わります。<正覚寺下行き>の電車もなくなる。大好きな黄色の4番の電車 撮らなきゃ。 

長崎電気軌道  (Click!) 
Img_0f80cc6ef8dc7e5fa7c16a1aa6ff195f
とんちピクルスと太陽バンドがなつくらにやってきます。

どんな人たち?
どちらもメンバーひとりで活動しています。

とんちピクルス  (Click!) 
太陽バンド  (Click!) 

なつくらとフォーカスでご予約を受けております。
たのしみです!


『怪奇!!からすみ御殿 うた合戦』
2018年7月8日(日)
17:00開場
19:00開演
からすみ茶屋なつくら 万屋町2-3
入場料 2,000円 要オーダー


Img_58229352448a8437f8089efa926a0a4c
寒川義雄さんの作陶展『オランダ皿のある風景』がはじまりました。3年ぶりとなる長崎での個展。
Img_f181329b06696246322b6770f9b13a94
今回はオランダ皿など 洋食をイメージしたうつわを中心としたラインナップ。出島の風景に馴染みます。
Img_457680999f9f4e31c9e2c84e3e9af194
初日夕方に 寒川さんご夫妻とお会いすることができました。丁寧に一枚のお皿について お話いただく。作品の一つ一つに愛情が注がれていることが伝わります。作家さんとお会いするのは 気恥ずかしく できればこっそり訪れたい派なのですが こうやってお話を伺うことでしかわからないことが確かにあることを感じます。お会いできてよかった。

毎日のごはんやおかずをよそって頂く この普通の喜びをかみしめるのに 寒川さんのうつわの存在があることが何よりうれしいのです。


『寒川義雄作陶展 オランダ皿のある風景』
2018年6月8日(金)~17日(日)
12:00~19:00
List:  (Click!)   出島町10-15日新ビル202
*6月12日(火)はお休み